1/1更新

2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
今日
休業日
 

トップ > ペットアイテム > 愛猫プレミアム・乳酸菌

愛猫プレミアム・乳酸菌

ネオタキオン化&RTW照射済み
愛猫プレミアム・乳酸菌(20包入り)

愛猫の腸内環境を整える!

猫由来の腸内細菌を配合した
プロバイオティクス乳酸菌サプリメント。

普段のフードに振りかけて食べてもらうだけで
腸内環境が改善され、
毛並みが次第に変わり
また、糞尿の匂いが少なくなります。

免疫力が向上し、ストレスにも強くなり
病気にかかりにくい体質になります。
 
◇ こんなネコちゃんに
・まだ免疫機能が不十分な子猫
・育ち盛りの猫
・病気の感染予防
・内臓の弱ったシニア猫
・お腹の弱い子
・妊娠中、産後の猫
・ストレスの多い猫
・アトピー症状の猫
・食欲の衰えたシニア猫
 
◇ 本製品に配合されている有用菌
「愛猫プレミアム・乳酸菌」は
1gに1兆個以上の菌群(乳酸菌などの有用菌)が含まれ
手軽に多様な菌を大量に摂取することができる
バランスの良いプロバイオティクスです。

腸内細菌は、
動物別に固有の細菌が生息しています。

有用腸内細菌群を無理なく、早く増殖させるには、
種固有の菌が大変有利です。

本製品には以下のように
「猫由来の乳酸菌」及び「猫由来の酪酸菌」を
はじめとした多様な有用菌と酵母を配合しました。


・乳酸菌(猫由来エンテロコッカス菌・猫由来ビフィズス菌)
・酪酸菌(猫由来クロストリジウム・ブチリカム)
・酵母


「エンテロコッカス菌」は主に小腸で、
「ビフィズス菌」は主に大腸で働きます。

「酪酸菌」も熱や酸に強く、主に大腸で働きますので、

小腸から大腸まで、
腸内全域で効率よく働きます。

また、最近の研究で「エンテロコッカス菌(腸球菌)」が
猫にとって最優勢な善玉菌であることが判明しています。

酵母、及び酵母エキスは
 乳酸菌などの善玉菌のえさとして有効です。
免疫賦活作用、栄養素の補給にもなります。

本製品はこれらの生きた菌を
フリーズドライ加工して冬眠させた状態にしています。
お腹の中で目覚め、増殖します。
◇ よくあるご質問
Q「愛猫プレミアムビフィズス菌」とはどう違いいますか?

「愛猫プレミアム乳酸菌」も「愛猫プレミアムビフィズス菌」も
どちらも生きた善玉菌を配合している「プロバイオティクス」ですが
配合されている「菌」の種類が異なりますので、働きも異なります。


プロバイオティクスの代表格
「乳酸菌」や「ビフィズス菌」!

この2つの最も大きな違いは、
酸素があっても生きられる「乳酸菌」は主に小腸に生息し、
酸素を嫌う「ビフィズス菌」は主に大腸で働く点です。

また、「乳酸菌」は「乳酸」という有機酸を生成して悪玉菌の繁殖を抑え、
「ビフィズス菌」は「乳酸」と、その他に「酢酸」という
強い殺菌力や腸の粘膜保護作用を持つ有機酸を生成します。

「愛猫プレミアムビフィズス菌」は
猫由来の「ビフィズス菌」を配合しており
主に大腸で働きます。

この菌株は腸内細菌学の第一人者光岡博士が
50年にわたる研究で分離された菌で、
長年の研究結果で犬はもちろん
猫、ブタ、ウシでの有効性、並びに安全性が認められています。

例えば、この菌が「大腸に生きて到達している」という事が
研究結果からも明らかになっています。

一方、本製品は小腸に働きかける「乳酸菌(猫由来)」をメインに
「酪酸菌(猫由来)」「酵母」「酵母エキス」など
非常にバランスよく複数の有用菌を配合しています。

また、最近の研究で、猫にとって最優勢な善玉菌であることが判明した
「エンテロコッカス菌(腸球菌)」が含まれているのも特徴です。

このように配合が異なり、また、
同じ「乳酸菌」や「ビフィズス菌」といっても
1種類ではなく、更に多種多様な種類の菌株が存在します。
それぞれの商品で異なる善玉菌が配合されています。


Qどちらを選べばよいの?

人間でも、どの菌が自分の体に合うかはそれぞれ違うといわれるように
ワンちゃんによっても異なりますので
それぞれを実際にお試しいただいて
あうものをお選びいただくのが良いかと存じます。
また、もちろんいずれか片方だけでも高い効果が期待できまが、

それぞれの製品に含まれる
「乳酸菌」や「ビフィズス菌」は異なる特徴や働きを持つこと、

また、「腸内細菌」はその「多様性」が大切と考えられていることから、
両方を併用する方法が大変有効で、最も高い効果を期待できます。

あわせて、
しばらく同じものを摂り続けると、身体の慣れから、一時的に
効果を感じづらくなる時期が出ることもありますので
そのような「慣れ防止」として2種類を交互に与えるのもおすすめです。
◇ 原材料
乳酸菌(エンテロコッカス菌、ビフィズス菌)
酪酸菌(クロストリジウム・ブチリカム)
酵母・酵母エキス

※上記の他、顆粒状にするための加工助剤として
植物性のグァガムを全体の0.1%の割合で使用しています
※アレルギー物質を含む特定原材料はありません。
※BSE(狂牛病)特定危険部位は使用しておりません。
◇ 内容量
1包 約1g×20包
◇ 栄養成分表示(100gあたり)
・熱量 320kcal
・たんぱく質 55g
・脂質 4g
・炭水化物 30g
・食物繊維 28g
・糖質 2g
・ナトリウム(食塩相当量) 0.1g
・灰分 7g
・水分 4g
◇ 注意
・愛猫用です。人間用ではありません。
・お子様の手の届かないところに保管してください。
・使用中に異常が見られた場合はただちに使用を
・中止し獣医師にご相談ください

<保管上の注意>
直射日光、湿気を避け冷暗所で保管してください。<
価格 : 3,240円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ